コープの商品

コープの商品

組合員・生産者とともに「産直」に取り組みます。

1.産直の基本的考え方

  1. 産直は、単なる商品取引ではありません。また、「産地直送」や「産地直結」の略語でもありません。「産直(さんちょく)」と称するコープの大切な取り組みです。
  2. 産直は、ふだんのくらしに必要な農産物を、量的にも質的にも安定的に確保するための取り組みです。
  3. 産直は、生産者・生協・組合員などフードチェーン全体が包括的かつ直接的につながり、さまざまな課題を共有し、その改善・解決を進めながら、新しい価値を創造する取り組みです。
  4. 産直は、安全性の確保を大前提として、商品の「おいしさ」、環境への「やさしさ」、そして生産者と組合員の「つながり」を大切にします。

2.産直団体の認定

下記の評価項目に沿って、産直団体の認定を行います。

生産者と職員のイラスト
  1. 生産、流通方法が明確であること
  2. 選別基準が明確であること
  3. 適正農業規範(GAP)に取り組むこと《農産》
  4. 適正価格で提供できること
  5. 環境に配慮した農業に取り組むこと
  6. 生産、流通における問題や課題の改善に取り組むこと
  7. 生産者と組合員・職員との多面的な交流を推進すること

3.産直商品の基準

畑と生産者のイラスト
  1. 産直団体が生産する商品であること
  2. 産地・品目ごとに、専用の仕様書で「肥培」「肥育」「農薬等の使用」「収穫」「流通」などの管理計画を明確にし、年次点検および更新を行うこと
  3. 年度計画に基づき、産地点検を行うこと
  4. 年度計画に基づき、企画前の残留農薬等の検査を行うこと

4.こだわり産直(農産)

  1. 食味・食感、鮮度(朝採りなど)、希少品種、時期、栽培方法などについて、一般品種と比較して特徴のある産直商品は、「こだわり産直」に位置づけます。
  2. 「こだわり産直」は、商品の価値や生産者の努力を組合員にわかりやすく伝え、利用を広げ、産直ブランド全体の向上を図ります。
  3. この他にも「初めて自分で作りました(新規就農者応援)」「組合員が手伝いました」「設立○○周年」など生産者を応援する企画に取り組みます。
産直団体(生産者)と生協・組合員の、信頼・交流・パートナーシップの図

5.お米育ち豚など(畜産)

  1. 特定品種、特定産地、特定の生産方法など特徴のある産直商品について、その固有名称をブランドに位置づけます。(お米育ち豚、げん気鶏など)
  2. 特徴のある産直商品は、産地視察や学習会など生産者と組合員・職員との多面的な交流を推進し、理解と利用を広げます。

お米育ち豚プロジェクト 2008年~

お米育ち豚のイメージとロゴ

飼料用の米をエサに配合して豚を育てています。休んでいた田んぼを有効に活用することで、日本の米作りをささえています。

6.環境にやさしい取り組み

グリーン・プログラムロゴ
  1. 産直団体と協力しながら、生産における環境配慮の取り組みを推進します。
  2. 一般的な生産方法と比較して環境への影響を低減(配慮)した産直商品について「グリーン・プログラム」マークを記します。
  3. 「グリーン・プログラム」を通して、組合員の環境への意識や関心を高め、利用を広げます。

7.産直イノベーション・パートナーについて

  1. 産直の次なる革新に向け、特定または複数(グループ)の産直団体との共同で総合的かつ安定的な商品供給の確保、新しい生産方法や商品開発に取り組みます。この取り組みに挑戦する産直団体を「産直イノベーション・パートナー」と呼びます。
  2. 「産直イノベーション・パートナー」との取り組みは、リスクの共有や組合員の参加、生産者との交流など、フードチェーン全体で創り上げる視点を大切にします。

8.2016年~2020年 重点的に取り組む産直の課題

  1. 産直イノベーション・パートナーとの共同で、新しい生産方法や商品開発に取り組みます。
  2. SNSなど新しい技術を活用しながら情報の相互提供に取り組み、「この産地、この人たちが生産した商品」の提供を強化します。
  3. 新規就農者や担い手の育成への支援に取り組みます。
  4. 生産への正しい理解と、産直商品の利用につながる産地見学、交流、学習、体験プログラムに取り組みます。また、時代に即した交流等の推進に取り組みます。
  5. 「組合員の声」の産地・生産者へのフィードバックを強化します。
  6. 産直商品を主原料とした加工食品の開発・利用に取り組みます。
  7. 産地における再生可能エネルギーの創出、CO2排出量の削減対策、温暖化適応対策化への支援に取り組みます。

9.産地配置の基本的な考え方

安定調達

  1. 年間を通して安定した商品調達が可能な体制を確保するために、バランスのとれた産地配置を行います。
  2. 外的要因による産地被害を想定し、全国またはエリア内でリスクを分散できる産地配置を行います。
  3. コープネットエリアの産直団体のネットワークを構築し、地域の食と食料生産を大切にする地産地消を推進する産地配置を行います。
産地リレー(エリア内)、産地リレー(全国)、バランス配置の図

10.産直商品の価格の考え方

  1. 市場相場などを参考にしながら、適正価格を基本とします。適正価格とは、生産者にとって再生産が可能な価格であり、組合員にとって利用しやすい価格になるように、配慮した価格のことです。
  2. 適正価格を維持できるように、市場価格が安すぎる時は少しでも買い支えるような対応をします。高すぎる時は、少しでも買いやすい価格になるように努めます。
  3. 産直商品だから市場価格より高くてもよいという立場はとりません。商品の付加価値については、それ相応の価格対応で評価します。