コープデリの「食の安全と学び」の取り組みが第14回キッズデザイン賞を受賞しました報告

2020年8月21日

コープデリグループでは、「食の安全」のためのさまざまな取り組みを進めています。
コープデリ商品検査センターでは、年間約3万件の検査を通して、コープがお届けする食品の安全性を確かめています。この科学的知見を基に、手洗いチェックや身近な食材を使った実験など、子どもたちへの食育プログラムを実施しています。さらに各地域では、組合員による講師が小学校の総合学習や放課後教室、公民館などで、地産地消や食品ロスなどを学べる食育教室・出前授業を行っています。こうした子どもたちへの食の安全と学びの取り組みが評価され、第14回キッズデザイン賞を受賞しました。
キッズデザイン賞の受賞は、第11回の「CO・OPきらきらステップ」シリーズ、第12回の「コープデリの子育て応援」(優秀賞・消費者担当大臣賞を受賞)、第13回コープの食物アレルギー対応商品『7品目を使わない』シリーズに続き、4年連続となります。
※第11回・第13回は日本生協連と共同受賞

●alt●
●alt●

コープデリ商品検査センターについて

生産から消費までの各段階で、提供する食品の品質や関連する施設・人の衛生状態などを検査し、食の安全を科学的に検証しています。検査の様子を見学することができ、コープデリグループの食品安全の取り組みを伝えるとともに、食品安全に関する情報発信・コミュニケーションの場をつくっています。

ホームページ https://kensa.coopdeli.coop/

コープみらい「出前授業」

コープみらいは食育に関する学びを支援するため、地域の自治体や市民団体、学校などに向けて体験型の出前授業を実施しています。

(千葉県) https://mirai.coopnet.or.jp/event/area_info/chiba/shokuiku_prgm.html
(埼玉県) https://mirai.coopnet.or.jp/event/area_info/saitama/visitlecture_prgm/
(東京都) https://mirai.coopnet.or.jp/event/area_info/tokyo/visitlecture_prgm/

いばらきコープ「食育教室 たべる、たいせつ」

いばらきコープは県内の教育機関や小学校などに食育教室などの案内をまとめた「学校教育に役立つ学習ガイド」を配布し、授業や校内活動などに協力しています。その中の「食育教室 たべる、たいせつ」は、食育サポーターが中心となって「楽しく食べる」「日本型食生活」「地産地消」の大切さを県内の小学校や他団体と協力しながら取り組んでいます。

サステナビリティサイト https://sustainability.coopdeli.coop/sustainability/2019/03/i26-i31community.html

※新型コロナウィルスの感染拡大により、コープデリ商品検査センターでの見学受け入れ、食育教室・出前授業の申し込み受け付けは中止しているものがあります。

キッズデザイン賞とは

子どもや子どもの産み育てに配慮したすべての製品・空間・サービス・活動・研究を対象とする顕彰制度です。

ホームページ https://kidsdesignaward.jp/