消費税増税・軽減税率制度に伴うコープのご案内方法の変更点をお知らせしますお知らせ

2019年10月 1日

10月1日(火)から、消費税率引き上げと同時に軽減税率制度が実施される予定です。制度のポイントと、コープのご案内方法の変更点をお知らせします。

軽減税率制度って?

消費税率が10%に引き上げられる際に、課税率が一部8%に据え置かれることです。特定のものを購入する場合に限って税率が軽くなる(軽減される)ので「軽減税率」と言います。10月1日(火)の消費税率引き上げと同時に実施される予定です。

どうして実施されるの?

消費税は、所得や資産に関係なくすべての人に同じ税率がかかるため、所得が低い人ほど負担が大きくなります。この負担をなるべく減らす目的で、日常生活に欠かせない飲食料品などに、標準税率(10%)より低い税率(8%)が適用されます。

何が軽減税率の対象になるの?

お酒を除く飲食料品と、週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)が対象です。外食・ケータリングは軽減税率の対象外で、税率は10%となります。

外食になるのはどんなとき?

レストランや店内の飲食スペース(イートイン)など、飲食の設備がある場所で食事を提供することが「外食」とされ、消費税率が10%になります。商品を「買って持ち帰る(テイクアウト)」場合や出前などは軽減税率が適用され、税率は8%になります。

コープでは10月1日から以下のようにご案内する予定です

※カタログなどは見本です。

宅配

■『ハピ・デリ!』など商品案内
カタログ表紙やページに「特別な表記がない限り、消費税率◯%です」などと案内します。ページ内で税率が異なるものは「消費税8%」「消費税10%」と表示します。

ハピデリ

※ インターネット注文「コープデリeフレンズ」もご案内方法を変更しています。

ハピデリ
ハピデリ

■お届け明細書兼請求書(10月1回以降のお届け分から適用)

ハピデリ

※ 個配手数料などの消費税率は10%になります。

店舗(にいがた、クルコには店舗はございません)

ハピデリ
ハピデリ

ご不明な点がありましたら、宅配配達担当者、または店舗職員にお申し付けください。