「第24回福島の子ども保養プロジェクトinいばらき(大洗)」を開催しました(いばらきコープ)

2019年3月20日

3月9日(土)、福島第一原発事故の影響により一部で屋外活動が制限されている福島県の子どもたちとそのご家族を茨城県に招待し、思いっきり遊んでもらう「第24回福島の子ども保養プロジェクトinいばらき(大洗)」を開催し、福島市、郡山市などから7家族21名に参加していただきました。

ひたちなか市のJA常陸長砂直売所で買物をした後、アクアワールド茨城県大洗水族館で思いっきり遊びました。昼食は、那珂湊の漁港で茨城の新鮮なお魚を食べました。参加者からは、「JA直売所の店長さんから干しいもの説明を聞けて、美味しい干し芋を購入できた」「漁港ではお魚がとてもおいしかった」「水族館ではサメがたくさんいて楽しかったです」などの感想が寄せられました。

「福島の子ども保養プロジェクト」は、組合員から寄せられた募金等を活用した取り組みです。今後も福島県の皆さまの気持ちに寄り添い、「忘れない、伝える、続ける、つなげる」を大切に継続していきます。

主催:いばらきコープ生活協同組合、協同組合ネットいばらき
共催:福島県生活協組合連合会、福島県ユニセフ協会、茨城県生活協同組合連合会
協力:常陸農業協同組合、茨城県大洗水族館

参加者にみなさまの写真
茨城県大洗水族館 館長、ご挨拶の様子

茨城県大洗水族館 館長よりご挨拶いただきました