コープデリグループで はたらくひと

仕事で身につけた
円滑
なコミュニケーション

プライベートも
向上中!

いばらきコープ
コープデリ守谷センター 地域担当
横島 勢也

profile

いばらきコープ
コープデリ守谷センター 地域担当
横島 勢也

2018年度入職。
約1年前から一人暮らしを始め、自炊にはまっている。

店員じゃなくひとりの人間として見てもらえたのが嬉しくて。

一人の人間として仕事をしたくて大学3年生の時、インターンシップでコープデリの仕事を体験したのが入職のきっかけです。お客さんである組合員さんに直接会って商品を届けられるところに魅力を感じました。それには学生時代のアルバイトで経験したことの影響が大きいです。コンビニでレジをしていたのですが、よく来店するおじいさんが、混んでいてもいつも僕のレジに並んでくれて。「お兄さんに対応してもらいたいから、並んじゃうんだよね」って言われたんです。ただのお客さんと店員の関係ではなく、僕を一人の人間として見てくれているのを感じて、すごくうれしかったんです。
コープデリの配達も、組合員さん一人ひとりと関係を築きながら仕事ができそうだと思ったので決めました。

僕は「コープデリの横島さん」認めてもらえることが仕事の力に

実は僕、学生時代は極度の人見知りでした。できるだけ人と交流しないようにしていたくらいなんです。でも生きていく上で、人とかかわらずにいることなんてできないとも思っていました。半ば荒療治として、この仕事を選んだところもあります。
今、職場の仲間や組合員さんとのコミュニケーションで心掛けているのは、まず相手の名前を呼ぶこと。これは先輩から教わった「仲良くなるための秘訣」です。そして、私はあなたに興味があります、という姿勢を見せることですね。誰でも自分に興味を持ってもらったら、うれしいですよね。
組合員さんとのやりとりにはマニュアルもあります。でも、マニュアルに沿っただけのコミュニケーションでは、やはり話が続きません。なので、組合員さんの名前と顔はもちろん、出身地やお子さんの名前も覚えて、いろいろ話ができるようにしています。「コープデリの人」ではなくて、「コープデリの横島さん」として関わってもらえている実感があると心が温まりますし、仕事を続けていく力になります。

仕事を通じて人見知り克服!私生活でもリアル交流が増えました

約1年前から一人暮らしを始めました。全く料理をしたことがありませんでしたが、煮物を作りたいなと思ったのに始まり、母にレシピを聞いたりネットで動画を見たりして研究しています。いかに食材を食べきるかを考えて作るのが面白いですね。たくさん野菜を買ってくださる組合員さんに使い方を聞いて、「そんな食べ方があったのか」とびっくりすることもあるんです。
こうして組合員さんとの円滑なコミュニケーションを心掛けてきたおかげで、徐々にですが、プライベートでも人と会うのが大丈夫になってきました。ネットでやりとりだけする友人と、時々会うことがあります。そんな交流は、学生のころだったら考えられませんでした。
仕事で初めての組合員さんにお届けするとき、僕が緊張しているのと同じくらい相手も緊張しているのを感じて、どうしたらよいかを考えて対応してきました。プライベートで人と会うときも、同じにすればいいんだと落ち着けるようになったんです。回数を重ねて慣れていくのが大事だと思っています。

ギックリ腰で不安のスタート…でも今は体力UPで仕事に余裕も!

学生の時は、ずっと運動とは無縁の生活をしていました。だから荷物が重いのに加えて車体の高いトラックに頻繁に乗り降りする配達の仕事は、最初かなり体に負担でした。しかも入職直前にギックリ腰になってしまい、不安がある中でのスタートだったんです。先輩から腰痛予防の荷物の持ち方を教えてもらったり、自分でも気を付けるようにして体力をつけてきました。2年目の今は体の負担も減り、余裕が出てきました。
それから1日の配達にかかる時間も早くなりました。1件当たりは平均7分くらい。たくさん注文いただいたり夏場で飲み物が多かったりすると、もう少しかかることもありますが、組合員さんは慣れた時間で待ってくださっているので、毎週ほぼ同じ時間の到着を心掛けています。
そうすることで、組合員さんの僕への信頼度が上がると思っています。もっとテキパキすれば、全体の時間を短縮することもできるかもしれません。でも、お届けするルートの途中に新しい組合員さんが入った場合でも、既存の組合員さん宅へ同じ時間に到着できるよう考えて調整しています。

日々の積み重ねを大切に。
いつか自分の成長した姿を見せたい

今後は、みんなをまとめるサポーター(新人研修のときにお世話をするまとめ役)、リーダーというふうにステップアップできればと考えています。僕がしてもらったように、後輩にはっぱをかけながらも優しく励まして、一緒に進んでいきたいですね。最初の新人研修のときにお世話になったサポーターに僕の成長した姿を見せて、うれし涙を流させたいんです。あとは、組合員さんと交流できる環境をずっと保っていたいです。周りからかけられる言葉で、期待されているのを感じます。
僕は本当は、期待されない方がなにくそ!と頑張るタイプなのですが。期待にプレッシャーはありますが、やるからには実現させたいです。そのために何かを一生懸命やるというよりも、日々の当たり前のことをコツコツと実行していくのが僕らしいかなと思っています。

横島 勢也さんの1日のスケジュール 横島 勢也さんの1日のスケジュール

1日50~60の組合員さん宅へお届けしています。担当する約300人の顔と名前は、きちんと憶えています!仕事のときはもちろん、オフの日に会ったときもごあいさつを心掛けています。

※内容については、2020年1月時点のものとなります。

JOB INTERVIEW 選んだのは、
一緒に
 はたらきたい人たちが
待つところ

コープデリグループで はたらくひと

もっとみる

採用トップにもどる

RECRUITING たくさんのくらしに寄りそう
ここでしかできない
仕事をめざす人へ

ページ上部へ