コープの商品

コープの商品

保健機能食品の取り扱いについて

1.保健機能食品の種類と定義

食品

  1. 保健機能食品
  2. 一定の条件を満たすことで、効果や効用などの機能性の表示ができる食品です。「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」「機能性表示食品」の3つのカテゴリーに分類されます。

    • 特定保健用食品(トクホ)
    • トクホのロゴ

      健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

    • 栄養機能食品
    • 一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量を含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。対象となる栄養成分は20種類です。

    • 機能性表示食品(2015年4月 施行)
    • 新しい食品の機能性表示制度です。事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

  1. 一般食品
  2. 栄養補助食品、健康補助食品といった表示で販売されている「いわゆる健康食品」は、保健機能食品ではありません。一般食品に分類されます。法律上の定義はなく、効果や効用などの機能性について食品への表示はできません。市場では健康イメージや個人の感想を強調した広告が目立っていますが、食品の機能性を担保しているものではありません。


  1. 医薬品
  2. 病気の診断、治療または予防を目的とした薬です。厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたものです。

  3. 医薬部外品
  4. 厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。病気の予防や衛生を目的としたもので、医薬品と違い、治療を目的としたものではありません。

2.保健機能食品の取り扱いについて

  1. 保健機能食品は、ふだんのくらしに必要な商品の範囲で、商品の点検・確認の上、手順にしたがい取り扱いを行います。なお、機能性表示食品の点検・確認はより慎重に行います。
  2. 保健機能食品は、ふだんの食生活から考えて、健康や栄養不足が気になる人が利用するものです。販売および利用にあたり以下の点について、注意喚起を呼びかけます。
保健機能食品のイラスト
  1. (1) 保健機能食品は医薬品ではありません。
    病気の治療や予防のために利用するものではありません
食生活を点検するイラスト
  1. (2) 保健機能食品は、どのような保健の効果が必要なのか、どのような栄養素が不足しているのかなど、ふだんの食生活をよく点検してから利用することが大切です。
保健機能食品を摂取するイラスト
  1. (3) 保健機能食品は、たくさん摂取すれば、より多くの効果が期待できるものではありません。適量範囲があります。また、過剰な摂取が健康被害を及ぼす場合があります。1日あたりの摂取目安量、摂取の方法、摂取する上での注意事項を確認し、必ず守ることが大切です。
食品のイラスト
  1. (4) 保健機能食品さえ摂っていれば、健康になるということはありません。体に良いことをしたような錯覚に陥らないように、商品の持つ健康イメージに惑わされないことが大切です。

3.いわゆる健康食品の取り扱いについて

  1. いわゆる健康食品は、一般食品として、ふだんのくらしに必要な商品の範囲で、点検・確認の上、手順にしたがい取り扱いを行います。
  2. いわゆる健康食品についての商品情報の提供は、優良誤認のないように十分注意します。

4.留意すること

  1. 食と健康は密接な関係にあります。食による健康管理はくらしの基本です。栄養バランスのよい食生活と、適度な運動と適度な休息を心がけましょう。
  2. 食と健康に関する情報が氾濫しています。フードファディズムに惑わされないように、食品に関する正しい知識を持ちましょう。(「フードファディズム」=食べ物や栄養が健康や病気に与える影響を過大に評価したり信じたりすること)
  3. 保健機能食品は、効果・効用を十分理解した上で、必要な場合に利用しましょう。また、効果・効用に安易に頼らずに、あくまでも補完的な位置づけとして利用しましょう。