コープネット事業連合は、2017年6月にコープデリ連合会に名称を変更しました

コープの商品

コープの商品

おすすめ! コープの商品

今までにない新しい商品 お魚なのに、ひき肉みたいに使える! 白身魚のすり身でつくった コープおさかなのパラパラミンチ

スケソウダラのすり身をミンチにし、一粒一粒パラパラに凍結しました。
魚特有の臭みもなく、必要な量だけ取り出して使えるので、とっても便利!
「もっと手軽に魚を食べたい!」という組合員の皆さんの声に応え、誕生した商品です。

新商品のヒントは組合員の声

年々、魚の消費量が減っていることに着目し、なぜ食べる機会が減っているのか、コープでは組合員にインタビューを行いました。

魚料理のお悩み組合員に聞いちゃいました組合員の皆さんの声「息子がお肉のようにモリモリ食べてくれなくて」「魚を焼くとニオイが服や髪について嫌だって娘が言うのよ」「調理後、グリルを洗うのが面倒でね」「焼き魚以外の調理が難しくてレパートリーが少ないの」「骨があって食べにくいから」 コープ職員の声「そうだったのか!」「組合員の悩みを解決できる今までにない商品を作るぞ!」

もっと手軽に魚を食べてもらいたい

こうした組合員の声を受け、商品開発が本格的にスタート。どんな商品を作れば組合員の悩みを解決できるか、まず考えたのが"食感がパリッ! とおいしい魚のソーセージ"でした。しかし、なかなか食感の良さなどを実現できず、試行錯誤の毎日。そんなとき、魚のソーセージの原料として使用していたすり身を見て、コレだ! と担当者はひらめきました。コープで人気のお肉のパラパラミンチのように、魚のすり身をパラパラに凍結できれば、いろいろな料理に魚を使うことができるのではないかと思い付いたのです。

しかし、世の中にない商品だったため、原料、形、硬さはどうするか? 工場でどのように製造するか? そもそも製造する機械の開発から必要? と、全てゼロから考え、試作を繰り返すこと約1年半。組合員の皆さんにも試食や、試作品を利用した食事作りなどにご協力いただきながら「おさかなのパラパラミンチ」は完成しました。

いろいろな料理に魚をお使いいただける楽しい素材です。コープならではの商品を、ぜひお試しください!

「おさかなのパラパラミンチ」を使った組合員から声が届いています。(コープデリeフレンズ Life Voiceより)
組合員から寄せられた質問にお答えします!
おさかなのパラパラミンチ活用術

【広報誌2016年1月号より】