コープの商品

コープの商品

おすすめ! コープの商品

コープクオリティ 国産素材 煮豚のおいしい肉まん

具材はすべて国産素材にこだわった、うま味たっぷりの肉まんです。オイスターソースとXO醤(ジャン)の香りをきかせ、ジューシーな煮豚の入った具材をもっちりとした皮で包みました。

国産素材にこだわった肉まん

木下英保さんと高畠和久さんの写真

株式会社メイショク
常務取締役 企画開発室室長 品質管理室担当 木下英保さん(左) 企画開発室 高畠和久さん

中身の具材だけでなく、皮の小麦粉も国産にこだわり、組合員の皆さんに“おいしい”と感じていただける肉まんを作りたいという思いから、コープとともに開発がスタート。具材には、挽肉、たまねぎ、しょうが、たけのこのほか、軟らかく仕上げた煮豚をプラスしています。

ゴロゴロと、具材の中でひときわ存在感のある煮豚は、赤身と脂身のバランスが良いウデ肉を使用。ウデ肉は繊維が多く、煮込んだ後も食感がとてもよく、おいしいといいます。

「素材は、それぞれの持つうま味を生かすため、切り方一つにも悩みました。例えばしょうがは、すりおろしたものと、みじん切りにしたものとでは、食べたときの風味やうま味が全然違います。だから、しょうがとたけのこは食感やうま味が残るように粗めのみじん切り、たまねぎはそれよりもさらに大きくカットし、食感と甘みを生かしています」と話すのは(株)メイショクの木下英保(ひでほ)さん。

「たまねぎ一つとっても、切って時間が経つと風味は無くなり、水っぽくなって食感も悪くなります。だから、肉まんを製造する直前に工場で切り、素材のおいしさを損なわないよう、手間を惜しまず作っています」と素材のおいしさを引き出す工夫に胸を張ります。

「たけのこの加熱も、1分単位で煮ては食べてということを繰り返して硬さを決めました。味も、実際に横浜の中華街に行って、何十種という肉まんを食べ比べ、人気のある味、飽きのこない味を探りました」と開発当初を振り返るのは、(株)メイショクの高畠(たかばたけ)和久さん。

味付けは、オイスターソースとXO醤で本格中華の味わいに。豚肉や素材のうま味、そしてごま油の香りが相まって、コクのある味わいに仕上がっています。

国産小麦「ゆめちから」を使ったもちもちの皮

肉まんを発酵させている写真

具材を皮で包んだ肉まんは、温度と湿度を管理した部屋で約1時間発酵させると倍ほどの大きさになる

小麦粉は弾力の素となるグルテンの量などによって、薄力粉・中力粉・強力粉と分けられますが、「ゆめちから」はグルテンの量が特に多い超強力小麦。

「いろんな小麦粉で作った皮を試食しましたが、ゆめちからが一番ふっくら、もちもちしておいしかったんです。かみ応えがあるけれど、口溶けもよくて」と木下さん。しかし、超強力小麦で作った前例がなく、何も分からないところからのスタートでした。

「生地の弾力が強いがゆえに、成型しても閉じたところから開いてきたり、生地の表面がボコボコになって穴が開いたり、毎日、何でだろう?の繰り返しでした」と高畠さん。水の量、粉を混ぜる時間、生地を寝かせる時間など、失敗を重ねる中から全て学んだといいます。たくさんの試行錯誤を経て発売に至った、この肉まんへの思いはひとしおです。

もちもちとした皮をどこからかじっても具材が出てくる「CO-OP 国産素材 煮豚のおいしい肉まん」をご家族皆さまで、ぜひお召し上がりください。

おいしさのポイント ふっくら、もちもちの皮は国産小麦100% 具材も全て国産!オイスターソースとXO醤で本格中華の味わいに 皮と具の配合比は55対45どこからかじってもあんが出てくる具材感たっぷりの肉まん 軟らかく、ジューシーな煮豚がゴロゴロ
おいしさにこだわったプレミアムブランドコープクオリティ 「コープクオリティ」のおいしさ、もう実感していただけましたか?コープの組合員による100人規模の試食テストで8割以上の方においしいと評価されないと発売に至らない商品です。続々と新商品が登場していますので、おいしさにこだわった「コープクオリティ」をぜひお試しください♪「コープクオリティ」のマークに注目!

【広報誌2015年11月号より】