コープの商品

コープの商品

おすすめ! コープの商品

CO・OP応援食クッキー ミルクココア

おいしくて、手軽に鉄分などの栄養素がとれると人気の応援食クッキーは、来年、発売20周年。今年9月に、味わいや食感などをリニューアルして新登場します。製造している株式会社東ハトの、埼玉県入間郡三芳町にある工場に伺いました。

鉄分とカルシウム入りの“おいしい”クッキーをめざして

毎日の食事で、鉄分とカルシウムを摂取できていますか?成人女性の場合、1日に必要な摂取量と比べて、実際の摂取量は不足しがちです。鉄分の不足は、貧血や無力感、食欲不振などに、カルシウムの不足は、骨粗しょう症や高血圧、動脈硬化などにつながります。この鉄分とカルシウムが含まれているのが、「応援食クッキー ミルクココア」です。

  成人女性が1日に必要な推定平均必要量 成人女性が実際に摂取している量(平均) 応援食クッキー ミルクココア2本に含まれる量
鉄分 8.5~9ミリグラム※ 7.2ミリグラム 5.1ミリグラム
カルシウム 500~550ミリグラム 486ミリグラム 65ミリグラム
※ 横にスクロールしてご覧ください

※月経のない女性は5~5.5ミリグラム。また、過多月経の女性の場合は除きます
(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」、「平成25年国民健康・栄養調査報告」より)

「応援食クッキーは、不足しがちな栄養素を手軽にとれますが、今まで以上に"おいしいから食べたい!"と思っていただけるように、味わいもリニューアルしました」と、製造している株式会社東ハト マーケティング本部中央研究所の船木美穂さんは話します。

噛(か)むほどにココアの風味が味わえます

船木美穂さんと宮山宏一さんの写真

船木さん(右)と、応援食クッキーの"生みの親"である宮山宏一さん。「営業担当、工場担当者、コープの職員と一緒に、1年かけて作り上げました」と宮山さん

「昨年11月、組合員の皆さんにアンケートを実施したところ、味わいについて一定の評価はいただきましたが、抜群においしいという声は見られず。この他『ボロボロ崩れて持ち運びにくい』などの声が寄せられました。そこで、ココアの風味が豊かで、少し硬めの携帯しやすいクッキーに改良することにしました」と船木さん。

「現行品では、苦味のやや強いココアを主体にしていましたが、苦みの少ないココアに変更し、油脂の一つであるココアバターの含有量が多いクーベルチュールチョコを加えることで、噛むほどにココアの芳醇な風味を味わえるようにしました」。よりココアの味わいを引き立てるよう、練乳やアーモンドペーストも配合。「ココアにはアーモンドが合うので、早い段階から配合しようと考えていました。しかし、アーモンドと一口に言っても、アーモンドパウダーや砕いたアーモンドなど、さまざまな種類があります。試行錯誤した結果、アーモンドペーストが一番風味豊かに仕上がりました」と宮山さん。

また、生地のもろさの原因となっていた油脂のショートニングを、マーガリンとバターに変更。材料の配合率や焼き上げる温度について1年かけて調整を重ね、子どもから高齢の方まで、おいしくてザクザクした食感が楽しめるクッキーに仕上げました。

時期によって焼き上げる温度を調整

焼き上がったクッキーを冷ましている写真

焼き上がったクッキーを、金網状のコンベヤーにのせ、複数の扇風機で風を当てて冷ましていきます。クッキー生地の3本の切れ目は、中の水分を均一に抜くために入れています

「私たちはお菓子のメーカーなので、おいしく食べてもらうことを第一に考えています。それに加えて、栄養素もとってもらえるといいな、という思いで作っています」

新しくなった応援食クッキーを、ぜひお試しください。

焼き目の色を確認している写真

焼き上げた後、人の目で色見本と見比べて、焼き目の色を確認しています

私たち、こんな風に食べてます! 組合員の皆さんは、どのようなときに応援食クッキーを食べているのでしょうか? コープデリの地域担当や、コープデリeフレンズへ寄せられた声を紹介します! 子どものおやつに。牛乳やフルーツを添えて栄養UP! アイスクリームにウエハースのように添えても◎ 夫が食べて気に入り、会社に持っていっています 子どもたちのお弁当に添えています 子どもたちが好きなので、お出かけのときにバッグに忍ばせておくと、コンビニなどで無駄遣いしなくて済みます(笑) 非常食になるので常備しています
健康に配慮した商品にマークを付けました
NEWこちらもおすすめ!応援食クッキーにメープルココナッツが新登場!

【広報誌2015年9月号より】