社会的な取り組み

社会的な取り組み

理念・行動指針の職員への浸透と積極的な人材開発

行動指針の浸透と「イイネッ! カード」の取り組み

コープデリグループは、組合員・消費者に信頼される職員育成を目指し、すべての職員が共有すべき「行動指針」を定めています。行動指針に沿った素晴らしい行動に対して、職員が職場の仲間へ「イイネッ!カード」を送る取り組みを進めています。

また、優れた行動指針事例を表彰する制度を設けています。2016年度は1,095件の応募がありました。

表彰された行動指針事例は、幹部役職員の会議で報告・共有されます。

行動指針事例を報告・共有している様子
イイネッ! カードの写真
行動指針

組合員のくらしと未来のために組合員の立場に立って

  • 安心と信頼

    組合員の「安心」を広げるため、安全な商品の提供、確かな品質のサービスなどを心がけ、「信頼」を築いていきます。
  • 挑戦と学び

    組合員のくらしの変化をみつめ、何ができるかを自ら考え、「挑戦」します。常に「学び」、自らを磨き、さらに能力を高めます。
  • コミュニケーションと感謝

    相手の立場に立ち「コミュニケーション」を重ね、思いやりと「感謝」の心で行動します。仲間と率直に話しあい協力しあいます。

を大切にします。

人材育成の取り組み

職場の中で人が人を育成することを大切にした研修を行います。
部下を育成する上司向けには、コミュニケーションやリーダシップ研修、2~3年目でこれから後輩を迎え入れる職員には、自己理解と他者理解を進めた上で仕事をどう教えていくかをテーマにしたコミュニケーション研修、仕事に慣れてきた3~4年目の職員や人生の節目となる年齢を迎えた職員には自分自身を振り返り、今後の働き方・生き方を考えるライフキャリア研修など、職員のキャリアにあわせた研修を用意しています。

人材育成プログラム

職員一人ひとりが自分の今後のキャリアを考え、「マイキャリア面接」で希望する部署を申告することができます。この自己申告の内容を参考にしながら、異動・登用の候補者を選定し、計画的に異動・登用を進めています。

自己啓発表彰

チャレンジ精神あふれる職員の成長を応援するため、自己啓発機会を数多く提供しています。通信教育の受講料補助や自己啓発表彰を行っています。

通信教育講座 業務遂行に必要不可欠な知識や自身のスキルアップのための講座を260以上開設しています。
自己啓発表彰 「販売士」「簿記」「語学」「介護」等、55の資格に対し表彰金や受験料補助を実施しています。

オープンミーティング

普段働いている職場の枠を取り払った交流「オープンミーティング」を進めています。
コープみらい・コープデリ連合会では、役員による中期計画の到達点報告の後、職員どうしで部署を超えて行動指針を交流・共有するワークを行いました。(50回1,139人参加)
同様の取り組みを、いばらきコープ(40回515人)、コープぐんま(25回487人)、コープながの(17回541人)の他、子会社でも行いました。