東日本大震災復興支援募金 「募金贈呈式」と「ふれあいサロン」参加報告(コープながの)

2018年3月 6日

コープながのでは、東日本大震災復興支援募金に取り組んでいます。

1月26日(金)、コープふくしま本部を役員が訪れ、コープながのの組合員の皆さんからお預かりした募金75万円の目録と、サロン活動で活用いただくためのおやき専用小麦粉の目録を贈呈しました。この募金は、コープふくしまで取り組む「原発事故による避難生活者への寄り添い活動」と「福島県産農産物(加工品含)の風評被害克服PRと販売応援活動」に活用されます。

同日、浪江北幹線仮設集会所(福島市)で、組合員理事を講師におやき作りで交流を行いました。中身の具は、野沢菜・あんこ・切り干し大根の他に、福島の郷土食「イカニンジン」を用意し、信州と福島の郷土食のコラボおやきを作りました。イカニンジンとは、スルメイカとニンジンを細切りにしたものを、醤油、日本酒、みりんなどで味付けをしたものです。おやき作りは全員参加で笑顔が広がる好評な企画となりました。