コープネット事業連合は、2017年6月にコープデリ連合会に名称を変更しました

社会的な取り組み

社会的な取り組み

買い物や家事でお困りの方のために

高齢、障がい、お住まいの地域特性など、さまざまな理由で自由に買い物をしづらい事情や、荷物を持ち帰りにくい状況、忙しさなどに寄り添い、少しでも暮らしやすくなるよう応援をしています。

コープデリ宅配の豊富な品揃えで、ふだんの暮らしを応援

シニア向けのコープデリ宅配の商品カタログ「いきいきくらす」は、1週あたり約120品目の少量パックや塩分控え目の商品や介護食品などを扱い、ご利用いただいています。

いきいきくらすカタログ誌面の画像

いきいきくらすカタログ

「夕食宅配」を通じて応援 約2万9千人に約16.7万食をお届け

高齢者世帯を中心に、夕食用の弁当と料理キットをお届けしています。2016年3月時点で1日当たりの利用人数が約2万9千人、週合計、約16.7万食をお届けしています。週5日に加えて3日、4日の利用を選べるようにしました。

「土曜日、日曜日に食べるお弁当も届けてほしい」という組合員の声に応えて、冷凍弁当や、お弁当以外のお惣菜や卵、牛乳、果物をはじめとする毎日の食事に欠かせない商品もお届けしています。

宅配の様子

商品案内を録音し、目の不自由な方に「聞く」カタログとしてお届け

目の不自由な方がコープデリ宅配をご利用になれるように、商品カタログ「ハピ・デリ!」に掲載された約3,000品目の商品を職員が読み、録音してCDなどでお届けするのが「リーディングサービス」です。音声読み上げソフトやナローバンドでアクセスされる方に配慮した提供方法も用意し、2016年3月現在コープネットグループで602人の方が利用されています。

録音の様子

録音の様子

懇談会の様子

目の不自由な方同士の交流や直接、事業への要望を伺う場として、2015年10月にリーディングサービス利用者懇談会を開催

コープの移動店舗

週に1度、冷凍・冷蔵庫を備えた販売車が、中山間地やお住まいの近くにお店がない地域などを訪問して、生活に必要な商品を販売する「移動店舗」。

コープみらいの取り組み

ミニコープ蔵波店(千葉県袖ケ浦市)を拠点として「コープの移動店舗 ふれあい便」を2013年から運行し、現在、千葉県袖ケ浦市、君津市、市原市の買物困難な中山間地エリアを中心に巡回を行っています。

いばらきコープの取り組み

買い物に困っている「買物困窮者」を支援するため、2011年から移動店舗「ふれあい便」を開始しました。現在、水戸市と牛久市で2台が巡回していますが、2015年度は笠間市からの要請に応え、週1回移動販売の実験展開に向けた準備を笠間市と連携をとりながら進めました。

笠間市の移動店舗の様子の写真

笠間市の移動店舗の様子

コープながのの取り組み

2012年7月からスタートした移動店舗事業『うごくお店 コープながの号』は2015年度、事業の安定に向け、停留箇所やコースの見直し、品揃えの改善に取り組みました。地域での認知が広がって、行政や各地の住民自治協議会等からの利用要望があり、新規停留箇所について協議を重ねています。この事業は、買物弱者対応という社会貢献での役割を大きく発揮しています。

うごくお店 コープながの号の写真

住民の皆さんに協力していただき新規停留所を設置しています

移動店舗1日客数・停留所数平均値

※ 横にスクロールしてご覧ください
2015年度平均値 1日客数 週当たり停留所数
コープみらい 蔵波店 56 58
コープながの 稲里店 56 47
いばらきコープ 水戸店 65 66
いばらきコープ うしく店 51 56

くらしを応援する優待制度

コープデリ宅配では、「シルバー割引」として、ご高齢の方(世帯)の配達手数料の一部を割引としています。2016年3月現在約19万1千人の方にご利用いただいています。

組合員ご自身、またはご家族の方が障がい者手帳などをお持ちの場合、手数料の一部が割引となる「ふれあい割引」は2016年3月現在約5万2千人の方にご利用いただいています。

認知症サポーターの育成

今後増えることが予想される認知症の方をはじめとして、ご利用される全ての方への対応力の向上のために、2009年度から認知症サポーターの育成をしています。「認知症キャラバン・メイト養成研修」を受講した職員が、「キャラバン・メイト」(講師)として、コープデリ宅配センターや店舗などの事業所で研修を実施し、認知症の方をサポートする「認知症サポーター」を養成しています。また、正規職員採用時研修の中で認知症や高齢者の疑似体験などを実施しています。

その他、組合員の自主的な取り組みとして、行政とも連携して「認知症サポーター養成研修」を開催しています。

認知症サポーター研修の写真

本庄市介護保健課と埼玉北部ブロック共催の認知症サポーター研修

認知症サポーター「全職員(子会社社員含む)」

※ 横にスクロールしてご覧ください
  2013年 2014年 2015年 合計
コープみらい 523 352 1,694 2,569
いばらきコープ 226 203 184 613
とちぎコープ 15 5 5 25
コープぐんま 18 20 21 59
コープながの 148 57 112 317
コープにいがた 15 0 97 112
コープネット 3 0 0 3
協栄流通(株) 201 102 114 417
(株)トラストシップ - - 15 15
その他子会社・委託先 16 32 17 65
合計 1,165 771 2,259 4,195

※雇用元で集計 子会社は直雇用