コープネット事業連合は、2017年6月にコープデリ連合会に名称を変更しました

社会的な取り組み

社会的な取り組み

平和な未来のために

コープデリグループは、平和で貧困のない持続可能な社会を目指し、組合員の募金や商品の利用による寄付の取り組みを進めるとともに、組合員の平和への思いや願いを伝え、広げています。

戦争の実相を知り、平和につなげるさまざま取り組みを継続

コープデリグループでは、平和の大切さを思い、二度と戦争を起こさない社会づくりにむけて、さまざまな社会的発信や行動を広げています。

核兵器や戦争の悲惨な事実などを知り、次世代へ伝えていくことを目的に、日本生協連が主催する「ピースインアクションinヒロシマ・ナガサキ」「沖縄戦跡基地めぐり」に参加をしています。コープみらいでは、広島・長崎の遺構の見学やそれぞれの式典への参加、被爆された方の証言を直接伺うなど、風化しつつある72年前の出来事や、高齢化が進む被爆者の思い等を学ぶ貴重な機会として、「ヒロシマ・ナガサキ平和の旅」を実施しています。

いばらきコープでは、茨城県JA中央会・茨城県生協連・茨城県被爆者協議会で構成している実行委員会に加わり、春・夏年2回の「ピースアクション in いばらき」を開催しています。春は茨城大学の学生による紙芝居などの「平和のおはなし会」、夏はいばらきコープも制作に関わった映画「さくら花」の上映と映画にも出演した林家三平さんの落語の上演などを行いました。

コープながのでは、「暮らしの中から考える平和」を方針に満蒙開拓平和記念館で語り部のお話を聞く学習会や無言館、松代大本営地下壕見学などの活動を行っています。

ヒロシマ平和の旅の様子(コープみらい)

ヒロシマ平和の旅の様子(コープみらい)

平和のおはなし会(いばらきコープ)の写真

平和のおはなし会(いばらきコープ)

林家三平さんの落語の上演(いばらきコープ)の写真

林家三平さんの落語の上演(いばらきコープ)

満蒙開拓平和記念館見学(コープながの)の写真

満蒙開拓平和記念館見学(コープながの)

無言館見学の様子(コープながの)

無言館見学の様子(コープながの)

松代大本営地下壕見学の様子(コープながの)

松代大本営地下壕見学の様子(コープながの)

核兵器のない世界の実現に向け、理事長連名で意見や声明を発信

コープデリグループの会員6生協と連合会は、唯一の戦争被爆国である日本が、世界の核軍縮交渉を推進する役割を果たすべきであると考え、2017年5月、理事長連名で声明を発表しました。

理事長連名の声明

ヒバクシャ国際署名の取り組み

核兵器のない世界の実現に向けて、「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」(通称:ヒバクシャ国際署名)に取り組んでいます。ヒバクシャ国際署名は、平均80歳を超えている被爆者が「後世の人々が生き地獄を体験しないように、生きている間に何としても核兵器のない世界を実現したい」という思いから始まりました。被爆者が直接国際社会に訴えるという趣旨に賛同し、被爆者の体験や思いを語り継ぐとともに、核兵器廃絶に向けて、国内外の世論を盛り上げていくことを目的としています。

ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名  被爆者は核兵器廃絶を心から求めます